新築住宅には誰が住むのかちゃんと確認!

交野市に新築一戸建て住宅を建てる際に、もしかしたら一番厄介だったことと言えば、「同居を回避するための問題」だったかも知れません。いや、はなっから義理の両親との同居はしない方向で話が進んでいたはずなのですが、けれど間取りもだいたい決まりかけたという時期に、突如お姑さんから「私たちが将来、暮らすかもしれないので、一間用意して欲しい」という打診がやってきたのです。私の方に。旦那ではなくて。

いやー、もう本当に困りましたよ。本当に心の底から困りました。こういった要求は、実の子どもである旦那の方にしてくれるのならまだ助かります。旦那と私は価値観にしても、だいたい同じようなものですから、そこは旦那から上手に断ってくれるなら、打開策を提案したりするなりしてくれますからね。私よりも頭がキレますから、角が立たないうまーい言い方もしてくれるでしょうから。実の親子なわけですし。

けれども、お姑さんも天然ぶってはいるけれど、空気を察知しているのか、こういった大きく深刻な問題ほど、強くは出れない私の方に言ってくるんですからね…。私は本音ではすぐに「いやです!」という同居へのお話なわけですけれど、しかし義理の親ですからね。ストレートに自分の感情を伝えられるわけがないじゃないですか。ですから困ってしまうんです。

もちろんすぐに旦那には相談しましたけれど。お姑さんの気持ちや将来の不安についてもわかります。けれど、近距離別居ならまだしも同居となるとやっぱり嫌なんです。お互いの生活のペースもありますし、それに旦那も含めてみんな気が強いですからね。実の親子でも意見が違えばケンカになるっていうものなのに。

以上、この経験を踏まえての助言といえば、「同居の可能性がゼロではないのならば、前もってちゃんと話しておくべき」ということですね。お互いの気持ちの確認だけでもいいでしょう。直前になってこのような話が出る方が非常に困ってしまいますからね。断り方にしましても。

ですから、ちょっと億劫に思ったとしても、新築住宅を建てる際には「その家には誰が住むのか」という確認を必ず行っておくのがいいと言いたいのです。確認は、夫婦間だけではなくて、両家両親との間についても。

PR|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|AGAでお悩み解決|ショッピングカート|女性向けエステ.com|エステサロンを上手に利用する情報サイト|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|ダイエットチャレンジ100日|健康に役立つ口コミ情報