親の援助もあって建売新築一戸建て住宅を購入

転勤がない職場に転職をしたことをきっかけに、これまであきらめかけていたマイホームの購入意欲が大きくなりました。
自分の親も実家の近くに新築一戸建てを購入するのであれば、孫の顔をすぐに見ることが出来るので、資金面で応援してくれるということになり購入を決心しました。
最初はモデルルームを回りながら注文住宅を検討していましたが、建売の新築一戸建て住宅でも十分に魅力的な仕様のものがたくさんあるということがわかり、住宅ローン負担を考えて建売住宅を購入することに決めました。
なるべく通勤に便利な場所に新築一戸建て住宅を購入したいと考えており、駅から徒歩圏内で購入することが出来る物件を探しました。
駅から近い場所で行われているミニ開発現場の建売住宅が無理のない価格で販売されており、デザインも割と良いので家族で話し合って購入を決意しました。
リビングに吹抜けがあり、シーリングファンが設置されているスタイリッシュな内装になっている点も非常に魅力的で気に入っています。