当初見積もりの1.5倍に

住宅を建設しましたが、一戸建て住宅を建築するにあたって私の失敗談を紹介します。
住宅を建築するときには住宅メーカーの人と話し合いをして見積もりを取ってもらうことになります。見積もりをするときにはこちらの希望の間取りや建材など様々なことを伝えて見積もりを出していきますか、私が失敗をしたのはこの見積もりを出してもらった金額から大幅にお金がかかってしまったと言うことです。
一戸建て住宅を購入しようと思うと、自分がこだわりたいところを1つ追加するだけでも数十万から数百万かかることになります。
例えば自宅にピアノをおきたかったので、ピアノを置く部屋を設置したのですが、練習をするためには壁を防音構造にしたり、ピアノを置く部分の床の補強が必要でした。これらの工事をちょっとやってもらうだけでも数十万円の出費が必要でした。他にも使いやすいキッチンなどを選んでいたら、結果的に当初見積もりの1.5倍以上のお金がかかることになり、資金を集めるのに非常に苦労しました。