注文住宅を建てるために苦労したこと

マイホームといえばどうしても価格が高く、人生で一度しか購入するチャンスがなく注文住宅にすることを決めました。しかしながら、注文住宅は建売住宅とは違い住宅ローンは引き渡し後になり、土地の確保や不動産登記などにかかる費用を準備しないといけないため困ったものです。これらの費用は銀行からつなぎ融資で対応できますが金利が高く、借入金額を減らすためある程度の貯蓄がないと厳しくなります。家を購入するタイミングは今後の人生を安心して暮らせるように決め、遅すぎると定年退職までにローンの返済が間に合わないため悩んだものです。
注文住宅を建てるためにはとにかく多くの費用がかかり、業者との打ち合わせをして進捗状況を確認しないといけないため苦労しました。しかし、完成すると苦労が報われたような感覚になり、家族が生活の拠点として落ち着いて暮らせるようになって良かったです。一方、ローンの返済は現時点でも残高がかなり残っていますが、なるべく早く返したいと考えています。